はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

反面教師の罠

面教師は失敗例を提供してくれる訳ですが、よく考えるとあまり反面教師から学べることが少ないことが分かるのです。

 

トルストイは言いました。

幸福というものは皆似ているが、不幸はそれぞれ違い多様であると。

 

 

また、エジソンを思い出して下さい。

失敗を山ほど積み上げたうえにようやく成功しているわけです。

 

 

成功するために1000の失敗が必要であれば、反面教師から学べる失敗はわずか数例しかなく、取るに足らないと考えられます。

つまり自分で動いて失敗したほうが早いわけです。

 

 

これが、反面教師は罠だと思う理由です。

つづく