はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

2022-01-28から1日間の記事一覧

メルカリで励まされました

どんなに本を読んでもなかなか先に進めない。 どんなに本を読んでも分からないことが増えるばかり。 それでも世界を知りたい。 無駄な作業かもしれないけれども、知らずにはいられない。 自分の限界を試したい。でも壁にぶち当たる日々。 そんな中、メルカリ…

これからの読書

1月のラストまで政治経済を中心に読んでいきます。 2月以降は読みたいものだけを読むという生活を、また再開したいと思っております。 今までは政治について何も語れない自分に嫌気がさしていましたが、基礎は付いたと思ってます。 自信が付きました。 議会…

今野晴貴『賃労働の系譜学』青土社(2021年)読了

こちらをなんとか読み終えた。 nainaiteiyan.hatenablog.com この本を読み終わって、ますます正社員に復帰する意欲が削がれた。 この資本主義とどう折り合いをつけるべきか、そんな問いをぼんやり頭に残しながら読み進めた。 読み終えてなんとなく感じたのは…

読書日記74

こちらのつづきを読み進める。 nainaiteiyan.hatenablog.com 半分ほど読み進めた。新しい発見があった。 法と正義のせめぎあいというものを垣間見ることができた。 僕がまだ学生だった2010年前後は労働条件に関する運動が度々発生してきた。 ネット用語であ…

反面教師の罠

反面教師は失敗例を提供してくれる訳ですが、よく考えるとあまり反面教師から学べることが少ないことが分かるのです。 トルストイは言いました。 幸福というものは皆似ているが、不幸はそれぞれ違い多様であると。 また、エジソンを思い出して下さい。 失敗…

読書日記73

今野晴貴『賃労働の系譜学 : フォーディズムからデジタル封建制へ』青土社(2021年)を読む。 本書は一橋大学大学院の後期課程を修了( 社会学 )し、現在NPO法人の代表を勤め、日々労働問題と闘っている方が、現場から何が起きているのかを系譜学的に考察する本…