はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

横断的記述・社会心理学・うつ病

こちらのつづき

 

nainaiteiyan.hatenablog.com

 

「社会的うつ」という言葉がある。

国際的には厳密な定義付けはないと思われるが、社会的な原因で発病するうつ病のことを指す。

参考文献:奥田祥子『社会的うつ』晃洋書房2020年

 

 

しかし、原因が社会的なものにせよ、元気がないことは事実であり、

何らかの生理的現象が脳内に起きていることは否めない。

 

 

「自然の書物は数学の言葉によって書かれている」

というフレーズと同じで、

うつ病は生理学用語、心理学用語、数学用語、、、、、、によって書かれている」

と言えると思われる。

 

 

僕は研究者ではなく、学会というものをよく知らないのでなんとも言えないのだが、

いつになったら共同研究が活発になり、どんどん統合していくアカデミックな世界が始まるのだろうといつも思う。

そこには権威主義が潜んでいるかもしれない。政治が絡んでいるかもしれない。

何らかの利害関係があるかもしれない。

 

 

謎は深まるばかりである。

つづく