はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

理由の二面性と自然主義

以下の続きです。

参考文献:岡本裕一郎『ポスト・ヒューマニズムNHK出版新書2021年

 

nainaiteiyan.hatenablog.com

 

まず、哲学の「自然主義」ですが、

端的に言えば、

「自然科学で世界の全てを説明できる」

です。

 

 

僕は、理由には二面性があると書きました。

つまり、物事はランダムか否か。

 

 

 

 

僕の解釈では、必ずしも世界は決定的でなければならない、と自然主義が考えているとは思っていませんが、

「人間の心=世界」と本書では解釈されているので、

「物事には理由がない」と結論付けをすることは可能だと思われます。

 

 

 

これを「相関主義」と言います。

前回の記事に書いたとおり、「理由には二面性」があり、もし相関主義が有力になれば、

「世の中が何故あるのか、何故人間はいるのか」

その理由は「無い」ことになります。

 

 

僕としては、ちょっと寂しい考え方です。ぴえん。

つづく