はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

公務員とアスペルガー。ASD。ADHD。

小学生の頃から付き合いのある方とのお話です。(2015年頃)そろそろ時効なので書きます。

(当時12歳、お相手:友達の親)




霞が関の官僚の方でして、面接官をやっていたそうです。
ハッキリ言ってました。


「面接ではアスペルガーかどうか見る」

今では「大人の発達障がい」や「自閉症の一種」の位置付けです。




DSM-5といって、アメリカの精神医学が診断のマニュアルを作っているわけです。
これがもう4回改良されているわけです。




最近では「発達障がい」をカミングアウトされたりする方がいたり、社会も受け入れようとしている方向みたいなのですが。




能力主義
この世界において、「発達障がい」は「スティグマ」のようなもので、あまり良い印象はありません。




そもそも何故面接があるのか。
実は「精神状態」もかなり見られていると思うわけです。
タブーの領域ですが、ここはなかなか改善される見込みがありません。




偏見がない会社があることも承知です。
次は功利主義や厚生主義と絡めて書きます。
つづく