はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

現時点においてワクチンに対する見解

事実を確認するのが難しくなっている。

しかし僕はかすかに光が見えた。

インフルエンザワクチンにはたいして効果がなさそうであったこと。
実際、ワクチン打ってインフルエンザにかかり、仕事を休む人がいた。

重症化を防ぐというのは、普通に考えて老人や疾患のある方だけに適応できる言葉だと思われる。

何もしなくても若い人はインフルエンザで重症化はしなかっただろうし、僕もそうであった。

新型コロナワクチンは治験がしっかりしていないことは事実で間違いない。

僕は、ワクチンの中身はどうでもよく(そもそも学者にしかわからないレベルの話だからである)、ただ、治験がしっかりできていないという、その一点においてのみ、打つ気が進まないのである。