人生は草!

読書と哲学。大学院入試日記

2021-01-15から1日間の記事一覧

3次元の奇跡について

3という数字に何かとてつもないものを感じる。 世界は3次元の立体構造であり、それが空間というもの。 1人称、2人称、3人称という絶対的な感覚。4人称など有り得ない。 僕はまだ学者ではないので、わからないことがたくさんだ。 ただ、3という数字はいかなる…

トリアージ・コロナ・医療崩壊を哲学的に考察する。

日本医師会はトリアージを行う事を視野に入れると発表した。 患者に優先順位をつけることは何を意味するのだろう。 県のトリアージの定義によれば、「傷病者の緊急度に応じて治療・搬送の優先順位を決める」とのこと。神奈川県のホームページより。 つまり、…

「個人が頑張っても国民全体が変わらなければ意味がない。」は大間違い。

鬼滅の刃を作ったのは1人の漫画家じゃないか! 気付けば皆鬼滅に夢中! いたるところで鬼滅効果! すごい! 真面目な話、「皆が変わらなければ意味がない」は昔の話では。 否。 正確には、「国を動かすほど、個人の力が強まってきた」とも言えないですか。 …

月になってはいけない。

世間という名の「基準、標準、価値観のものさし」に翻弄されてはいけない。僕たちは地球ぐるぐるまわる月なのか? 否。月になってはいけない。 世間が月にならなければならない。僕たちは無意識という名の、動かしがたい太陽にぐるぐるまわされているかもし…