はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

緊急事態宣言とJRについて

僕も日本人として、義務は果たしたいし、できるなら多くの人に助かってほしい。

ただ。

矛盾の多い世である。

その典型がJRであり通勤であり会社である。

 

すし詰め電車。なんですかあれは。

JRには本気を感じない。いや、これが本気なのだろうか。だとしたら、もうJRも体力が落ちているのかもしれない。

 

緊急事態の意味をもう日本人は忘れている。

日本人は核が降ってきてもそのまま街に突っ立っているのかもしれない。

 

電車にはソーシャルディスタンスという概念がない。

いくらでも手はあるだろうに。

本数をもっと増やすなり。強制的に、並んですわれないようにしたり。

ソーシャルディスタンス専用列車だって作れるはずではないか。

女性専用列車だって作れたではないか。

それを許しているのは会社である。

 

日本は自由な国であるが、自由すぎるがゆえに、統制力がない。