はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

『ストレスフリー大全』を以前批判したことを恥ずかしく思う

私は以前この本を記事で批判した。断片的に、全体像を把握しないまま、感情で批判をしてしまった。とても恥ずかしい。

 

この本を書いた方、Youtubeにメンタル関係の動画をものすごい量をアップしている。

そして、それらはメンタルの不調で苦しんでいる人のために、日本から精神疾患の人を減らしたいという強い想いのもとで一生懸命視聴者と向き合う著者の姿が動画からうかがえる。疾患もちの自分でも納得できる内容であり、とても参考になった。

 

「本を読めるということは集中力があるということ」

当たり前なのだが、私は毎日かなり読めているので、実は症状が軽いほうなのでは、そう思えてきて、ポジティブになることができた。

 

また、時には厳しい動画もあるが、大事なことだと思った。

この方、『神時間術』という本を買ったときは正直うさんくさいとおもっていた。

 

短絡的に人を判断してはいけない。反省です。