はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

2020-10-06から1日間の記事一覧

パニック障害の方は、まず発作が起こる環境・時間・その前後の行動を記録する。「薬」と「行動」の2本で攻める。パニック障害の人に理屈は通じない。

自身の経験から、記録として残します。 発作はいきなりくるのでしょうか?違うと思います。 発作がくる条件というものがあるみたいなのです。 僕の場合、 ・深く考え事をした後 ・夜20時前後 ・家族のいる部屋 ・心以外の別の問題がある時 でした。 その対…

難しい本は睡眠導入剤に勝る

こんばんは 今日も生きました。 発作も起こらず、うまく対処できる方法がわかってきました。 今日は睡眠について語ります。 『ストレスフリー大全』を書いた人の動画を参考にしました。 難しい本は効果的です。 僕はそれを何度も経験しています。 また、うた…

『ストレスフリー大全』を以前批判したことを恥ずかしく思う

私は以前この本を記事で批判した。断片的に、全体像を把握しないまま、感情で批判をしてしまった。とても恥ずかしい。 この本を書いた方、Youtubeにメンタル関係の動画をものすごい量をアップしている。 そして、それらはメンタルの不調で苦しんでいる人のた…

人は、、、読書を通じて自己を見つけるのではなく、「なる」のだ。

読書はお金にならない。 読書しなくても生きていける。イチローは全く本を読まなかったそうだ。 それは、幼い頃既に自己になっていたからだと思う。一般人はそうはいかない。 自己を見つけようともがく。しかし、、見つけるだけだは駄目だ。 見つけることと…