はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

読書日記831

読んだ本

トーマス・マン魔の山 (下) 』岩波文庫

つづきを読み進めた。

 

nainaiteiyan.hatenablog.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メモ

 

カストルプ「人間は善意と愛とを失わないために、考えを死に従属させないようにしなくてはならない。」

 

カストルプ「愛のみが、死よりも強いのだ。」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日記

 

塵も積もれば山となる。

魔の山』は上下合わせて約900ページ読み進んだ。

 

 

感情と理性が分離していると考えることは『デカルトの誤り』において否定された。

nainaiteiyan.hatenablog.com

 

自分は感情、理性、人間愛の三角形を思考体系として捉えてみた。

性善説性悪説

これは要するに、愛が憎悪と表裏一体であるから生まれる発想なのではないか。

 

 

ある正義は必然的にある悪を生む。

このことは恐らく避けられない。

つまり、正義とは何らかの悪を受け入れることである。

 

 

そのように考えざるを得ない。

個人的に納得できるまで考えてきた。

絶対的なユートピアがあり得ない理由もなんとなく理解できる。

これを覆せるというのであれば、その理論を提示してもらいたい。

そんな気分である。