はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

読書日記581

読んだ本:

大澤真幸『<世界史>の哲学 現代篇1 フロイトからファシズムへ』講談社 (2022)

つづきをよみすすめた。

 

nainaiteiyan.hatenablog.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メモ

 

なし

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日記

 

 

何度も書いているが、大澤氏の文章は難しい。なんでこんなに読みにくいのかと苛立ちを隠せなかった。

とはいえ、キルケゴールニーチェ、そして以後の思想家との接点について軽く説明してくれたので勉強になった。

 

 

ハイデガーバタイユフーコーデリダドゥルーズと、20世紀に活躍していた思想家はほぼ全員ニーチェに影響されている。

というのも、本書にはニーチェが想像で(・・・!!)書いたことがのちに経験科学的に裏付けされと書いてあった。

 

 

理解はできなくとも、とりあえずなんとか全部読み進めたい。