はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

読書・ジョギング・フラクタル構造

読書ばかりしていては自分の力で考えることが無くなるとショーペンハウアーが言っていた。『読書について』岩波文庫

 

 

しかしながら、僕は偉人であろうがおかしな意見には全力でぶつかりたい。

こちらのつづき

 

nainaiteiyan.hatenablog.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

当たり前だが、ジョギングは「道」なしには成り立たない。

また、最低限の「広さ」も必要である。

 

 

 

自分の力だけで物事を考えることは、「家の中でジョギングすること」に等しい。

ジョギングできなくはないが、閉ざされた空間である。

 

 

文という「道」があり「幅」、「ベクトル」がある。

地面としての読書。

 

 

それによって思考も前に進むと僕は考える。

つづく