はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

未来を録画予約する人

大学生は大変だ。

せっかく頑張って大学に入ったのに、入学した瞬間にまた「競争」が始まる。

 

 

 

勿論僕はそれに気付かず負けた。

インターンなんて糞」

「赤髪で面接行ってやろか」

毎日愚痴ばかり言っていた。

 

 

 

そして就職課は煽る。

「SPI 勉強しろ!!!!」

TOEIC取れ!!!!」

なんとかTOEICだけは高得点を取れた。

しかし、それでも僕は失敗した。

 

 

 

でも今思うのは、やはり「勉強不足」だった。

しかし、それは学問や資格の勉強ではない。

 

 

 

僕のような凡人は、せいぜい2、3年先のことしか考えられなかった。

いや、半年後ですら危うかった。

 

 

 

思うに、2、3年後の人生をただ「録画予約」していただけだった。

しかも、それはまだ放送するかは「未定」。

 

 

 

要するに、ソファーに座る「傍観者」に過ぎなかった。

自分の人生が「テレビに映る」ようなものだった。

つづく