人生は草!

読書と哲学。大学院入試日記

脱依存への解とは

以下の続きになる。

今回はもっと広いお話をしたい。

 

nainaiteiyan.hatenablog.com

 

ハイデガー技術について、

「ずっとコントロールしなければならないのは、コントロールできていないことの証明になる」と言った。

 

『コンヴィヴィアリティのための道具』著者の、イリイチは、

「社会のシステムやルールも道具」

と言った。

 

 

依存とは、

「それなしには日常が成り立たない」

ことを意味する。

 

しかし依存自体は悪くないだろう。

「自立とは依存先を分散すること」

でもある。

 

 

ひとつのシステムに頼りきると、そのシステムが崩壊したら共倒れになる。

つまりは、

あらゆるルールや支配、技術を「手放せる」状態へ持っていくことが大事になってくるのではないだろうか。

つづく