人生は草!

読書と哲学。大学院入試日記

答え探しとしての読書

僕は一冊読んだだけでは腹落ちしません。
何回か記事にしたと思うのですが、一冊の本は、統計的に考えればひとつのデータに過ぎません。(娯楽としての小説などは除く)



つまりは、統計に必要なサンプル数、例えば調査などでは2000必要と言われていますが、そのくらい読まないと大局的に物事は捉えられないと考えます。


好奇心で読む日も多いですが、時には「課題」としての読書も必要と考えるようになりました。


ただ、そうなると読書が「作業」になりつまらなくなるので注意も必要だと考えています。
つづく