人生は草!

読書と哲学。大学院入試日記

テクノロジーと身体の非対称性

身体は、嫌な音、不快な光景、不快な臭い等、遮断しようのない感覚がある。



しかしながら、テクノロジーは簡単にそれはを「オフ」できる。




オンラインのコミュニケーションでは、気に入らなければ画面を閉じられる。マイクをミュートにできる。



つまりは、コミュニケーションにおいては、テクノロジーによるエンパワーメントは成り立たない。(人間の力を増強すること)




それは、Zoomなど、新たなコミュニケーションを作り出しているとも取れる。
コミュニケーションの多元化。
しかしながら、相手の人間までは多元化しているとは思えない。



コミュニケーションの形態は複数あるべきなのか?
難しい問題である。
僕はNOと言いたい。

つづく