はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

出口治明『人生を面白くする本物の教養』読了

感想です。
最後は著者のビジネスの話になって、
「この人はよう話がずれるのう」と思いつつも読了。

この人の読書法はユニークです。
何か新しい分野の本を読み始める時、この人は難解で分厚い本から入るみたいです。

分からなくても何回も何回も読み返す。
この精神は見習うべきものと考えます。

また、『東大読書』と同じように、問いを掲げて本を読むという点でも、やはり意識の高さを感じます。

僕も常に問いを持ちながら本を読みたいと思いました。