はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

『傷口から人生』をもう一度真面目に読んでみた。親が子に期待をかける代償とは。

だいぶ前に方程式を用いて「期待は裏切りの2倍」という結果を示した。

裏切りがマイナス100であるならば、期待はマイナス200であった。

 

「期待しないほうがいい」

これは人生のあらゆる場面で言えるのではないだろうか。

 

告白するのに躊躇する男性がいる。それは、「ひょっとしたらいけるかも」という、期待という名の負債を背負ってしまうがために、「振られたら無理」とネガティブになることで証明されているのではないだろうか。

 

期待がプラスであれば、どうして告白を躊躇するのだろうか。

振られるとは期待が外れるということ。

 

もう一度振られたケースについて考えてみる。

期待をプラス100としよう。気分が高揚する。告白した。フラれた。気分マイナス200。結果、気分はマイナス100で、絶望感にある。まさか、フラれて嬉しいなんてことはないだろう。気分はマイナスだ。

 

気分マイナス200とはなんだろう。

期待が外れる。期待が外れる。期待がなくなるということか。であれば気分は0になる。でも絶望しているのだからおかしい。

 

「フラれたことによって期待が裏切られた」といえないだろうか。

裏切るとは、予期に反するという意味だ。

つまり、

(期待)×(ー)=マイナス期待

ではないだろうか。

 

期待はプラスじゃないか!

 

以前の記事では、

期待させないで裏切ると効果抜群であった。

うーーーーーーーむ。わからない。

この問題はまた後日答えを出そう

 

ああ、本題からそれてしまった。

 

感想です。

子に期待をかけるとあまりよくないと思いませんか。

応援するのと期待するのとではちょっと違いませんか。

この本は、親に期待されて、エリートコースまっしぐらの途中で落ちてしまう話です。

 

秋葉原殺傷事件の件も然り。

「子を有名私立中学に入れる方法」

みたいな本が子育てのコーナーにありました。

 

あまり好きません。(学歴コンプレックス丸出し)

結局は、あとで美味しい思いをしたいがために、子供を投資の対象にしていますよね。

それは歴史の観点からすれば、不自然ではないのですが。

 

でもどうなのでしょうか。

今は親と子供が友達のようになっている家族が多いですよね。

くら寿司に行くとよくわかります。

昔は地震・雷・火事・親父といわれたみたいですが。

「親父」が恐怖の対象であるならば、ニートは生まれないと思うのです。

ニートが成熟国家の象徴であるならば・・・

親の力は国家の成熟によって弱体化するのでしょうか?

 

親と子はどういう関係が望ましいのだろうか。

 

まだ僕にはわからない。