はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

パニック症・条件・コマンド入力

僕はパニック障害が生まれる条件というものを解明したい。

精神医学のやっていることは生理学的観点、脳科学的観点の研究に限定されている節がある。

 

 

それは自然の秩序、システムを「説明」するに留まると思われる。

その後、「○○が原因ではないだろうか」と解釈を作り出し、研究結果と紐付けしようとする。

 

 

しかし。

パニック障害というものは昔からあったという事実がある。

いったい、解明できるまで何十年かかるのだろうか。

 

 

これが生物学モデルの限界である。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ストリートファイターというゲームがある。

必殺技を繰り出し、防御をし、攻撃をかわしながら相手を倒すゲームである。

 

 

僕はこの「必殺技を出す条件 = コマンド入力」をパニック障害に置き換えてみた。

 

 

たとえば、「波動拳」は「⬇️↘️➡️+パンチ」で繰り出される。

鍵は、流れるように押すこと、そして➡️とパンチを「同時に」押して発動されることだ。

 

 

パニック障害も、何か順序的な条件がありつつも、同時的に何かの「出来事」「感情」「認知」が発生することで起きるのではないのか、というのが僕の見立てである。

 

 

この考え方は馬鹿げているようにも見えるが、僕は今後考えていくうえで大事な概念、枠組みになり得ると考えている。

つづく