人生は草!

読書と哲学。大学院入試日記

欲望のパラドックス

欲望から解き離れたい。
そう考える方は世界中に数多にいると思われる。




何かを得れば、また物足りなさを感じ、さらに別の物を欲する。
資本主義はその短期的な欲を満たす用意ができている。





断食は、欲から解放される為の修行らしい。
ただ、僕は矛盾を感じた。





欲望から放れたい、という欲があるのである。





何故瞑想が生まれたのだろう。
それは、
「欲望から放れたいという欲をも持たない為」への最終的な手段なのではないだろうか。
つづく