はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

充電器人間

人は欲望を満たすために、つまり電源を欲するがためにコンセントを探す。
しかし電源が届かない。
そこで充電器人間の登場。

欲望を満たす側の人はコンセントのたくさんある電源プラグ。

しかし欲望を満たす側にもコンセントが必要なのだ。

充電器人間はいらない。

コンセントを増やせばいいだけ。
そうすればみんな電源に辿り着ける。

さてどうやれば増やせるだろう。