はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

まもなくVR書店が出てきます。

Amazonの弱点は、短時間で大量の本に触れることができないからでした。

書店に足を運ぶと短時間で数万冊の本に出会うことができます。

それをVR書店が可能にします。

 

単純に、視覚的に情報量が増えるからです。

これは待ったなしです。

 

しかし、VR機器の普及率は低いと考えられるので、

VR書店が賑わうには時間がかかるでしょう。

立ち読み等、著作権の問題も絡むと思われます。

 

ではアナログの本屋が潰れてしまうのか、といえばそれはあり得ません。

VRは視覚しか刺激しないからです。

嗅覚や触覚まで再現できない限りは、デジタルが勝つことは不可能でしょう。