はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

情報発信と客観性について

スマホが手元にあるのは、誰が見ても納得できるような「原理」と「反証」を積み重ね続けてきたからだ。それが学問の条件。

情報は主観が混じりやすい。
なので僕は気をつけたい。出来る限り客観的な情報を発信し続けたい。

ただ、客観だけでは学問と変わらないように思える。学問は万能かというと、実はそうでない。

学問が人を救うだろうか。
だから主観も大事なのだ。

問題は割合である。