はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

モテたいと思ったら、モテたいと思わない。正しかった。

実は密かに気になっている女性がいた。
かなりの美人である。そして品がある。

その方の存在を知ってから3週間ほどは声をかけたくてしょうがなかった。

でも僕は耐えた。
近づきたいことをアピールしたらこの恋終わるな。
冷静になった。
ナンパに関する情報は当てにならない。ただ、当てにならないことがわかったという点では当てになる。

今日、昼休みにひたすら手帳にアウトプットをしまくっていたら、気付いたらその方がとなり座っていた。
これはチャンスだ。直感で思った。

ただ、貴方が気になっている、という雰囲気は絶対に出さないことにした。

今日は僕が何故読書に耽溺するのか、何の為に生きてるのか、そういう話にとどめておいた。

既に充分楽しいのだが、もっと楽しくなりそうだ。