はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

私は自己責任について語る 努力(30)

努力とは人によって度合いが違う。

東大生「お前が慶応に入れなかったのは努力(70)が足りないからだ」

オレ「お前が年収300万にすら届かないのは努力(30)が足りないからだ」

 

ちとてきとーな例でもあるけど。

(年収300万より慶応に入るほうが難しいのと思うのは正解、、?)

 

これが、いわゆる最下層と呼ばれる人たちについていうと、

「努力なんてしても報われない」といったセリフは結局、

「努力(20)なんてしても報われない」に聞こえてしまう。

 

努力。なんて曖昧な言葉なのだろう。

曖昧な言葉。私はそれを「誤解製造機」と呼ぶ。

 

読解力の問題なのか、、?

いや、そうでもない気がする。

 

とにもかくにも。

努力(30)すれば最下層から抜けられることは間違いない。

 

30は300万の略でもあるということはお気づきのようで、、