人生は草!

読書と哲学。大学院入試日記

大澤真幸『恋愛の不可能性について』解説

こちらも参照を。

 

nainaiteiyan.hatenablog.com

 

参考文献:ジョルジョ・アガンベン『スタンツェ』ちくま学芸文庫

大澤真幸『恋愛の不可能性について』ちくま学芸文庫

 

 

端的に言えば、「認識の不可能」である。

例えば、

「彼女が欲しい」

というのは、

「気持ちの表明」

に過ぎず、

具体的にどんな人かを記述はできない。

 

 

大澤真幸氏は、

「還元不可能」といった表現で、認識の対象(つまりは恋愛対象)の記述不可能性について論じた。

 

 

言い換えれば、「特徴」を記述できないことである。

・髪が長い

・背が高い

・頭が良い

 

 

 

これらをいくら記述しても人間を再現できない。

だから不可能なのである。

つづく