はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

存在の条件について

僕は突然ひょっこり生まれて、何故か存在してる気になっている。

無から有。
それはまああると仮定してみる。

でも無から有になる「条件」が問題だろう。
そして生物と、非生物にはおそらくそれぞれの条件がある。

ただ、根本的なところでは生物も非生物も条件は同じだろう。非生物なき空間に生物など存在しうるか。生物なき空間に非生物は存在しうるか。ただ、生物の定義ができないので、同じものとして考える。

まず空間が必要だとわかる。
ところで空間とはなんだろう。

それこそ、やはり存在の提供者ではないだろうか。
しかし。
じゃあ空間の存在条件とは何か。
存在の提供者か。

堂々めぐりだ。
ただ、現実を考えれば、やはり存在の提供者はある。
0.9999999、、、が1のように、常識を超えた何かがあるのだろう。

そもそも、存在の条件などもとからなかったのでは。
この世は自由なものなのだろうか。