はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

『君たちはどう生きるか』読了

この本はうさんくさい感じがした。

高いし、結局買わないでいた。

最近ブックオフで100円で手に入ったので読んでみた。

 

最初は内心鼻で笑いながら読んでいた。

「真面目な人間による、真面目くんの為のクソつまんねえ地味なストーリー」

 

本書の中核を成すのはナポレオンのストーリーだ。

ナポレオンは偉人なのか。何がすごいのか。

 

ナポレオンは一時期国民を幸せにした。最期はロシアに戦争をしかけた。

その結果国民を不幸にした。

つまり、本当の偉人とはいえない。そんな内容であった。

 

この本は、偉人とはどんな人物を指すのか論理的に教えてくれる。

でも、立派になれ、立派になれと少々うるさい本でもある。

 

どれだけ人を豊かにさせたか。それが本書による100年前の人の偉人の定義らしい。

つまるところ、功利主義だ。最大多数の最大幸福。

 

僕は、今の時点では功利主義は万能ではないと思う。

ロッコの問題で、あえてスイッチを押して5人救い1人を犠牲にする。それが功利主義だ。

地球という大きな視点で考え、目の前の人より全体的なことを優先させる・・・

そこに何かの欠陥を直観で感じる。論理的に説明するのは難しい。

 

何かいやな予感がする。それだけだ。

ナポレオンは真の偉人ではない・・・

そう考えるのは自由だが、、、

 

まあ、要するに万能な思想はないということなのか。

ワンピースでいえば、秩序を保つために四皇が存在するように、思想もまた秩序を保つためにいろいろあるべきなのだ。

 

多様性が大事なのはそういうことだ。

君たちはどう生きるのか。

答えはないから自分で考えよう。そういうことだ。思想は自分で選びとるものだ。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

漫画 君たちはどう生きるか [ 吉野源三郎 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2020/9/10時点)

楽天で購入