はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

『私が見た未来』を哲学的に吟味する

なんか、怪しい予言書がニュースに出てきました。

f:id:nainaiteiyan:20210714213720j:plain

 

予言が当たりすぎて、メルカリで10万円で出品されています。

まず、冷静になりましょう。

 

反論材料

・災害が起きると、たまたま当たった人だけに注目が集まる。

・外している人が圧倒的多数。

 

 

仮に、日本人の5%、つまり60万人が毎日夢を見ていたとすれば、2日目で3600億通りの夢が生産されるということ。

既に天文学的な数字だと思いませんか。

 

月単位で100年分予想するにしても、1年は12ヶ月あるので、1200通りですよね。

その他の変数としては、

・50弱の都道府県

・都市名

・考えられうる災害の少なさ(地震津波、隕石、噴火、パンデミックなど)

 ・誰が死ぬか、70億人しかいないので、生産される夢の数には勝てない

少ないですよね。

いくら1200と変数を掛けても、ほぼ無限に近い夢の量には勝てません。

 

あと、

何を予想できなかったか、という事実も見逃していませんか。

 

99.9999999999999999999999%は予想できていないですよね。

新型コロナウイルスも予想できていません。

世の中、いろんなことが毎日数えきれないほど起きています。

 

毎日夢を見ている方であれば365回分はストックがあると思います。それが何も当てていなければ、統計処理をすると、的中率はかなり低いと思われます。

 

誕生日のパラドックス問題と似てませんか。

地震が起きる、噴火する、巨大隕石が来る。

そもそも、世界人口が多いので、天災に関してはほぼ100%カバーされてしまうと思います。

 

たまたま当たった人が注目されるだけです。

 

見逃された事実は、多いと思います。

しかし、もし当たったら僕は脳と精神の可能性に感動すると思います!