人生は草!

読書と哲学。大学院入試日記

2021-07-14から1日間の記事一覧

原因の帰属問題

本日、ながらスマホが原因と思われる、痛ましい事故が発生した。 僕は原因を考えてみた。 ネットには心ないコメントが多数ある。 彼らは無知なのだ。 その背景にはどんなことがあったのだろうか。 ながらスマホなど、氷山の一角に過ぎない。 この問題は、現…

『私が見た未来』を哲学的に吟味する

なんか、怪しい予言書がニュースに出てきました。 予言が当たりすぎて、メルカリで10万円で出品されています。 まず、冷静になりましょう。 反論材料 ・災害が起きると、たまたま当たった人だけに注目が集まる。 ・外している人が圧倒的多数。 仮に、日本人…

不安を抱える就活生がいたとしたら、僕はこういう風な提案をしたい

認知再構成法を用いてこのような提案ができる思います。焦ったまま、なり行きで会社に入っても良いことはない。不安なのは、状況のコントロール無能感からであって、実は何かこだわりを持っている。それは、「~すべきだ」という信念から来るものかもしれな…

大学院入試日記 その2 指導員、研究テーマ、出願決まる

昨日、研究室訪問が終わりました。結論は、院試を是非受けて下さい、とのこと。研究者は論文ベースで理論を構築しなければならない、つまり、より精密な客観性、論理性が問われます。このブログで発信する記事の信頼性を上げるためにも、これからも日々、己…

証拠と根拠の違いについて

証拠は事実を明らかにするための拠り所。根拠は主張を事実とするための拠り所。つまり、根拠は何かを主張するために必要なものであって、証拠は事実を明らかにするためにある。微妙に違う。つまり、 証拠がない→仮説をささえる事実がまだ見つかっていないと…

宮台真司。ニーチェ。岡本太郎。

昨日Youtubeを見ていたら、ニーチェのいう「超人」の意味を宮台氏がわかりやすく説明していた。人間は機械なんかではなく、感情があって、身体の内側から溢れでる力を持っている。ニーチェはギリシアの時代まで遡って、神と人間について考え、そのような内発…

関心のある土地(分野)に自らレールを敷くという生き方

敷かれたレールの上を走る人生とは、決められたレールの上をただ進むこと。 意志なき鉄道。ならば自らレールを敷く。 関心のある土地ならもっと良い。自分で敷いたレールには輝きがある。