はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

2022-04-14から1日間の記事一覧

読書日記288

一色清『メディアは誰のものか:「本と新聞の大学」講義録』集英社新書 (2019年) を読む。 公共の利益についてちびちびと考えてきた。 いよいよ明日、公務員試験の面接をむかえる。 勿論、公務員になれるとは思っていないので、やれることはやる、それだけだ…

杉山大志『「脱炭素」は嘘だらけ』読了

こちらを読み終える。 nainaiteiyan.hatenablog.com 細かい内容は専門的で込み入るので割愛。 本書は実践的な内容でありながら思想的な部分も持ち合わさせた、内容の深いものであった。 事実に基づいて、著者は地球温暖化にまつわる嘘や、政府、NHKが発信す…

読書日記287

杉山大志『「脱炭素」は嘘だらけ』のつづきを読む。 nainaiteiyan.hatenablog.com 150ページ項まで読み進める。 端的に言えば、以下の通りであった。 ・30年前の予測 (2020年についての予測) は現実と大きく外れた ・産業革命時と比べて地球の平均気温は0.8…

読書日記286

ジョン・ロールズ『政治的リベラリズム増補版』筑摩書房(2022年)を読む。 公益とはなにか、というテーマをこの一週間ちびちびと考えつづけてきた。 そして、次にはやはり公共哲学へと迂回する。 ジョン・ロールズの原理は「公正な請求権」「公正な機会平等」…