人生は草!

読書と哲学。大学院入試日記

2020-06-21から1日間の記事一覧

一喜一憂は悪だと思う。よって、私はこれからこの四字熟語をネガティブなものと見なします。

心が空っぽの時に人はどうなるのでしょう。 打たれ弱くなります。 何事も準備が大事ですよね。 でも本当はそうじゃないのかもしれません。 「あれを言われたらこれを言おう」 浅い戦略ですね。そのあと意外な論点から反論されて逆上するのがオチです。 じゃ…

真面目って本当損だなと思う。

仕事は効率だけ重視していればいいのだよ。 そこに情とかいらない。 仕事ができないやつは徹底的にシバけばいい。 でもお人よしで真面目な俺はそれを拒絶する。 ゆえに、いろんな面倒を受けることになる。 仕事ができない人にも優しくしてしまう。 会社にと…

哲学ってつまらなくないし。読書ってダサくないし。「暇な明日は何しようかな?」を考えるときに役に立つんだ。

お金をどうやって使っていこうか。 倹約家になろうかな。 それとも派手に遊ぼうかな。 国家資格とろうかな。 営業マンになろうかな。 あの子に告白しようかな。 哲学はこれらの問いを徹底的に深堀する学問です。 宇宙とか神とかどうでもいいの。 宗教とか、…

【比喩】女性は大学。男は大学生。

女性は男性のある一点が気に入らないともう恋愛対象から外してしまうことが見受けられる。その意味において、私はタイトルのように例えてみた。 選択科目が全てA評価であっても、必修課目で落ちると卒業できない。ようするに、たったひとつの漏れによって不…

恋愛の不可能性について語りたい。所有欲が全てを破壊する。

男性が女性を好きになることとは、その女性を所有したいと思うことである。 何言っているのかよくわからないという方はオーストラリアの映画である『ピアノレッスン』を鑑賞することを勧める。 私の女性に対する所有欲は小学生のころから始まっていた。 バレ…