はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

一喜一憂は悪だと思う。よって、私はこれからこの四字熟語をネガティブなものと見なします。

心が空っぽの時に人はどうなるのでしょう。

打たれ弱くなります。

何事も準備が大事ですよね。

でも本当はそうじゃないのかもしれません。

「あれを言われたらこれを言おう」

浅い戦略ですね。そのあと意外な論点から反論されて逆上するのがオチです。

じゃあどうすのか。

ドラゴンボールで例えます。セルと戦う時の孫悟空のように、ごく自然の状態でスーパーサイヤ人になっていればいいのです。

つまり、心を空っぽにする。

でもただ空っぽではすぐ崩れます。

空っぽでいながら防御力最強にする。

人は悟りというかもしれません。でもそんな抽象的な表現は実用的じゃねえ。

一喜一憂しない。これに尽きませんか。言いかえると、on the other hand、何が起きても動じない精神を作り上げることです。

心の軸をぶらさない。これ、簡単で相当難しいと思います。

でも。

いつかわかる時がくると思うのです。

理論武装だかなんだかしらないけど、そんなくだらない小手先の戦略では人生をサバイブしていけないことに。