はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

恋愛の不可能性について語りたい。所有欲が全てを破壊する。

男性が女性を好きになることとは、その女性を所有したいと思うことである。

何言っているのかよくわからないという方はオーストラリアの映画である『ピアノレッスン』を鑑賞することを勧める。

 

私の女性に対する所有欲は小学生のころから始まっていた。

バレンタインでチョコをくれる女の子には興味がなく、自分に好意を持っていない女の子を好きになる。こんなことしょっちゅうあった。

 

所有欲は満たされると消える。何故かはわからないが、経験上そうなっている。

大人になれば、セックスをすることで所有欲は消える。そのあとは何も残らない。

 

じゃあ、何故恋愛は不可能なのか。

10を3で割り切れないことと似ている気がする。

何故割れないのか。割れないからだ。

何故恋愛は不可能なのか。所有欲はある時とない時が同時に存在しえないからだ。

所有欲がない時はその異性に興味を持てない。ある時は興味がある。

ただそれだけなのだ。難しいことはない。「ある」と「なし」は同時に存在できないのだ。「表」と「裏」が同時に見えないように。

 

『恋愛の不可能性について』という本があるけれども、難しくて理解できなかったが、まあ恋愛とは複雑な営みであることに違いはない。

 

余談。

女性は恋愛を上書きし、男性はフォルダー保存をするらしい。

それは。「過ぎたこと」における話。

「今」を考えると、

女性はどうなのかよくわからないけど、男性も上書きであることに違いはない。Bよりさらに可愛いAが現れたら、Bに対する所有欲はなくなる。男は進行形に関しては上書きするタイプで間違いない。

 

20代で恋愛を知り尽くした。自負はある。

残念ながら、情熱は打算に負ける。納得できなのであれば、橋本治氏の『黄金夜界』を読むことを勧める。読了してもまだ同じことが言えるのであれば、私に反論していただくことを願う。

 


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

黄金夜界 (単行本) [ 橋本 治 ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2020/6/21時点)

楽天で購入