はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

2022-01-19から1日間の記事一覧

デヴィット・グレーバー『負債論 貨幣と暴力の5000年』を読む

本日より、グレーバーの『負債論』を読み進めていく。 このグレーバーといえば、2020年に岩波書店から出版された『ブルシット・ジョブ クソどうでもいい仕事の理論』が有名だ。 その解説書にあたる、講談社新書のものは以前に書評を書いた。 nainaiteiyan.ha…

読書日記44

山口真由『リベラルという病』新潮新書2017年を読む。 リベラルという言葉の意味がアメリカと日本では大きくずれていることを教えてくれる。 僕が今興味のある分野である。 日本ではジェンダーに関して。せいぜい「LGBTQ」の5種類が常識となっている。 それ…

「社会貢献」を哲学的に考える

この記事は、今僕が思っていることに対して、明日以降の自分がどう感じるのかを試すために書き残す。(約1500文字) ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ・客観と主観を分ける まず大事なことは客観的に認められる「…

小川淳也/中原一歩『本当に君は総理大臣になれないのか』講談社新書2021年読了

こちらのつづきである。 nainaiteiyan.hatenablog.com 第四章の後半以降は今後の小川氏の進退に関するお話であった。 特段、まとめる内容はないので、感想を書いてこの本に関する記事は終了にしたい。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー…