はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

2022-01-10から1日間の記事一覧

おつまみとしての読書

こんばんは。 最近、難しい本を読み通す元気がないのが現状でございます。 アクセル・ホネット『承認をめぐる闘争』の読解が止まっていたり、 「これを読む!」と言いつつあれを読んだりと、そんな日が続いています。 なかなかやり通す元気が出てきません。 …

読書日記25

白水社『唯物論』を読む。 唯物論というのは、単純のようなそうでないような、よく分からない概念である。 復習がてら、今週から少しずつ読むことにした。 というのも、マルクスやレーニン、ヘーゲルなどと密接な関係がある。 そして唯物論は歴史に影響を与…

読書日記24

『東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ』のつづきを読む。 この方、言葉の定義付けや意味の区別が完璧だ。(美人と美貌の違い等) 社会学という学問が曖昧さを排除する故なのか。 哲学との共通性を感じる。 上野氏の言葉に対する姿勢を、もっと見習わないといけな…

駒崎弘樹『政策起業家』読了

本書の内容は「読書日記」のカテゴリーに書いてきたので割愛。 僕はエピローグの言葉が印象的だ。 駒崎氏「選挙だけでは足りない」P256 僕も強く思う。 その理由は、上野千鶴子氏の言葉と重なる。 「人の意識は現実から変わる。」 nainaiteiyan.hatenablog.c…