はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

おつまみとしての読書

こんばんは。

最近、難しい本を読み通す元気がないのが現状でございます。

アクセル・ホネット『承認をめぐる闘争』の読解が止まっていたり、

「これを読む!」と言いつつあれを読んだりと、そんな日が続いています。

なかなかやり通す元気が出てきません。

 

 

しかし、それでもなんとか読書は続いています。

それは「読みたいものを読む」という身体の声に忠実でいるからです。

 

 

僕はこれらを鑑みて「読書日記」というカテゴリーを作りました。

その代わりにですが、多種多様な本の紹介ならできると思っております。

タブレットと家の本を含め、まだまだ大量に本がございます。

 

 

僕はこれを「おつまみとしての読書」と呼びたいと思います。

 

 

元気が回復するまでは、しばらく枝豆を提供してみたいと思います。

居酒屋人生は草、開店です。

つづく