はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

2022-03-15から1日間の記事一覧

読書日記180

ティム・インゴルド『生きていること』左右社(2021年)のつづきを読む。 nainaiteiyan.hatenablog.com 人類学の本は哲学や心理学、社会学とはまた異質で新しい視点を提供してくれる。 時に哲学的な視点をも提供する。 例えば「石らしさ」を記述する際に、石と…

読書日記179

『数学に魅せられて、科学を見失う』のつづきを読み進める。 nainaiteiyan.hatenablog.com 暗黒物質の謎が解明されないじれったさを端的に本書のタイトルが表している。 オイラーの公式、エネルギーと質量の等価性にまつわる公式等、自然をうまく表現したあ…

読書日記178

ヘルマン・ワイル『精神と自然 ワイル講演録』ちくま学芸文庫(2014年) ティム・インゴルド『生きていること』左右社(2021年) を読む。 今年もいろいろな本を読んできたつもりではあるが、今のところ、やはり池田晶子氏の本だけが最も強力で心臓を貫く言葉を…