はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

読書日記597

読んだ本:

引用元:版元ドットコム

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メモ

 

中庸を語るには極端を知らなければならない

 

天才とは常識の破壊者ではなく常識の発見者である

 

"生活のための教育しか受けていない人間が、生活のための人生しか送れないのは道理である。" P81

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日記

 

 

定期的に池田晶子氏の本を読みたくなる。

まだまだ自分は未熟であり、多読によって汚染されているかもしれないと思う。

ハイリスクローリターン。

池田晶子氏の本で解毒。

 

 

アカデミズムに対する批判は非常に攻撃的で痛快である。

白川静について語られていた。

白川静池田氏と同様、独学で切り開いた人物とされる。

そして、白川静はアカデミズムに跳ね返されつつも、苦闘の末に死ぬ10年ほどまえにようやく認められたそうである。

個人的な記憶では、松岡正剛氏が白川静を称賛していた。

 

 

ベンジャミン・クリッツァー『21世紀の道徳』において、アカデミズムの欠点を挙げていた。

アカデミズムも「共同体」のようなものであり、揉まれているうちに自然と「共同体」の考え方が身体に浸透していくのだそうである。

 

 

哲学と大学は、本質的には相容れないのかもしれない。

誰かの研究を追随するようなことを「堕落」ともいう。

 

 

独学で道を開いた人の共通点は、おそらく「狂気」である。