はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

読書日記444

ーザン・ソンタグ『反解釈』ちくま学芸文庫 (1996年) を読む。

導入部分から数十ページじっくり読んでみた。

内容としては、ノエル・キャロル『批評について』に近い。ソンタグは冒頭で批評に対する批評を行う。だから「反」解釈というタイトルなのかもしれない。

nainaiteiyan.hatenablog.com

 

ソンタグによれば、今日の批評というものは俗物根性で、芸術作品を冒涜するものが少なからずあるという。

作品は批評を免れない。

だからノエル・キャロル『批評について』においても論じられていたように、作品に「意図」というものを混ぜ合わせて批評家に抗う営みが行われる。

批評のための批評。

 

 

かくいう自分も、このブログを通していろいろと書いてきている。

問う。

何のためのアウトプットか。

何のための芸術か。

何のための読書か。

 

 

 

暇潰し。勉強。娯楽。文化的活動。遊び。

それ以上でもなければそれ以下でもないだろう。

所詮いち人間の行動。

しかしそれも虚しい。

私は何かを欲する。

 

 

 

 

つづく