はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

プラトン『ラケス』読了

ちらを読み終えた。

nainaiteiyan.hatenablog.com

 

 

結論としては、勇気は徳から説明することができるが、徳から勇気の全てを説明できない、という帰結至る。

勇気について、ソクラテスらは「忍耐強さ」や「知恵」等と絡めて論じていく。

 

 

知恵が伴わない忍耐強さは勇気ではない、ということは直感的に分かる。

それを「無謀」と人は呼ぶ。

しかしながら、行動を伴わない勇気もない。

知恵が備わっているならば、必然的に結果もついてくる。

そういう場合に、人はそのような人を「勇気ある者」と呼ぶことができる。

 

 

しかしながら、勇気とは知恵のことではない。

ソクラテスは「同一性」の観点から説明していくが、本書を読み終えたあとに私は頭が混乱してきた。

 

 

最後はラケスらは「我々も学ばなければならない」と、意見が一致する。

本書は薄いので、もう一度読み直したい。

 

 

つづく

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連図書

プラトン『国家』

nainaiteiyan.hatenablog.com