はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

読書日記405

ランクル『虚無感について』のつづきを読む。

nainaiteiyan.hatenablog.com

 

150項ほどまで読みすすめる。

非常に深く、かつ哲学的な内容であった。

 

 

フランクルマズローの「自己実現」を批判する。

マズローは環境について、「手段以上にはなり得ない」と述べた。

フランクルはそもそも、自己実現が人生の最大の目的となることに異を唱える。

フランクルは、自己実現は「結果」であって、「目的」ではないと述べる。

 

 

いよいよ「実存」の真髄を垣間見る。

フランクルがここまで「意味」を強調する理由の数パーセントだけでも理解することができた。

フランクルもまた「逆説」のロジックに着目しているように感じた。

 

 

このまま最後まで読みきりたい。

 

 

つづく