はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

積読の効果

伸びして難しい本に手を出す。

しかし全く分からない。

結局放置して積読になる。

そして挙げ句の果てに売ってしまう。

僕はこういうことを何回も繰り返している。(現在進行中)

 

 

しかし、最近になって積読の効果を実感しはじめた。

「記憶に残る」

これに尽きる。

決して安くはない本を、自分の為なら、と惜しまずに買う。

売るときに「やっぱり買わなければよかった」と後悔することによって記憶に残る。

間違いなく。

 

 

『コンヴィヴィアリティのための道具』

ペルシア人の手紙』

といった難しい本は、のちに別の本のなかで出会うことが度々あった。

「ん、なんか覚えている。いや、あの本ではないか」

 

 

かくして、本と本は繋がっていき、ネットワークとなっていく。

一度繋がれば外れることはない。

記憶から消えることはない。

これが積読の威力だと感じる。

 

 

つづく