はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

読書日記117

谷雄高『死霊』講談社学芸文庫(2003年)を読む。

精神分析家が好みそうな、心理小説と呼ばれるもので、著者は「妄想実験」と呼んでいる。

僕もその妄想に付き合ってみたい。

 

 

僕は、この小説が至る本で登場していることから、前々から気になっていた。

池田晶子氏との獄中対話、そして『戦後文学を読む』にも言及されていた。

 

 

本から本への連鎖に僕は身を任せてみたい。

つづく

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この本に関係ある本

 

nainaiteiyan.hatenablog.com

 

・『戦後文学を読む』講談社学芸文庫