はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

読書日記100

川宏洋『幸福科学との訣別 私の父は大川隆法だった』文藝春秋(2020年)を読む。

何か面白そうなルポルタージュかノンフィクションがないかなと思いながら書店に行き、発見。

1/4ほど読み進める。

 

 

宗教というものは往々にして他宗教と対立する。

「あれは間違っている」と。

その不寛容な態度があまり好ましくない。

 

 

世の中の価値観は多様であることが自然で、皆同じ価値観に染まればそれこそ全体主義ではないか。

それぞれ異なった価値観を相互に尊重し合うべきではないか。

つまりはビジネスなのだ。

信者が離れていくことは財源も共に離れていくことを意味する。

 

 

この本に書いてあることが全て正しければ、というお話ではあるが。

というわけで、少しずつ読み進めたい。

つづく