はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

マッキンタイア『美徳なき時代』を読む

ラスデア・マッキンタイア『美徳なき時代』みすず書房を読む。

初版は2004年である。本書は現代における道徳的危機を、系譜を辿りながら検討していく本である。

まずマッキンタイアは本書の序盤で情緒主義の批判をする。

 

 

情緒主義とは、端的に言えば道徳の判断は「感情」から来るものであり、信念のようなものである。

ムーアの「直感主義」から借用された用語とされている。

現代ではメタ倫理学とされる分野で、読み進めれば読み進めるほどややこしい議論であった。

 

 

バトナムの『事実/価値二分法の崩壊』の論争と似ている。

道徳は事実と判断をめぐる価値の問題でもある。

 

 

この本から何かヒントを得たいと感じた。

つづく