はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

資本主義と心について

昨日、テレ東「家、ついて行ってイイですか?」を観ていた。(記憶が少し曖昧なので別の番組であれば訂正する)

岡本太郎のように、芸術一本で生きている人のお話を僕は聴いていた。

 

 

僕はその人を自由な人だと思った。

話は逸れるが、「ONE PIECE」のルフィは、海賊王は自由な人だ、と言うところと引っ掛かりを感じた。

岡本太郎も、ある意味では自由な人だと僕は思う。

 

 

そこでADさんか分からないが、インタビュアーはお金について質問をする。

「どうやって生きているんですか」

なんというか、ずれているように感じた。

芸術に身を捧げる人にするべき質問なのだろうか。

もっと大事なことを引き出せないのだろうか。

 

 

これは僕の妄想なのだろうけれども、大部分の現代人はお金が全ての中心になっていると感じる。

行動の源泉、活動の源泉、意志決定の源泉。全てがお金中心なのだ。

 

 

資本主義なのか、能力主義なのか、よく分からないが、世界はお金で動く、というよりかは人の心がまずお金で動いているように感じた。

つづく