はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

岡本太郎「死に対面する以外の生はない」

『自分の中に毒を持て』青春出版社 より

 

人は、大災害の後に度々、

「生き方が変わった」

「人生が変わった」と言う。

 

 

僕は感じた。

生が生らしくあるためには、

逆説的には死に近づかなければならないのだと。

 

 

 

例えば、何をしていいかわからなくて悩む若い人が時々いる。

それは、その人が「死」から遠い位置にいるからかもしれない。

若ければあと50年以上は生きるだろうし、加えて平和な世だ。

 

 

外国を見渡すと、とても平和とは思えないものの、人間らしく生を全うしている人が多いように見える時がある。

 

また、動物が美しく見えるのは、動物が常に死と向き合っているからだとも思われる。

 

 

死から限りなく遠いほどに生でなくなる。

もしかしたら、若い人が元気じゃない、と言われるのはそういうことなのでは、と思う今日この頃だ。

つづく