はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

「キリが良い時間」と「マインドフルネス」は相容れない

昨日、さんま御殿で「キリが良い時間じゃないと作業ができない」という趣旨の悩みがあるという話が紹介された。

 

 

僕は完璧主義に陥っているとみた。

「キリがよくなければならない」という信念がある。

それは保守的であり、柔軟性に欠ける信念でもある。

 

 

一方でマインドフルネスは「今」を重んじる。

マインドフルネスには過去も未来もない。

 

 

時間に合わせて動くのは仕事上、しょうがないのかもしれないが、

プライベートでも時間に合わせていくと、確実に精神が病むと思われる。

 

 

時間に合わせるのではなく、時間を行動に合わせる。

そのほうが健康的である。

ということで、「キリが良い時間」と「マインドフルネス」は相容れない。

つづく